HV車の内装&機能の変更点|フィット3のマイナーチェンジ情報2


フィット3画像0005

ホンダの人気コンパクトカーフィット3(FIT3)がマイナーチェンジを
行いましたね。

しかし、今回行われたフィット3(FIT3)のマイナーチェンジでは、
エクステリア・インテリアともに大きな変更点はナシ。
また、燃費面での向上もありませんでした。

私も実際にマイナーチェンジをしたフィット3(FIT3)をみたのですが、
よ~く見ないと違いに気が付きませんでした。

ただ、フィット3 ハイブリッド車の内装・インテリアに関しても見た目などに
大きな違いがありませんでしたが、
機能や装備の追加などがありました。

そんなフィット3のマイナーチェンジですが、ハイブリッド車の
内装・インテリアの機能や装備の変更点紹介してきます。

スポンサーリンク

フィット3ハイブリッド 内装&機能の変更点

変更点1.プラズマクラスター登載エアコンを装備

マイナーチェンジをしたフィット3(FIT3)の注目ポイントの一つが、
プラズマクラスターエアコンの装備。

実際にマイナーチェンジ後のモデルを見に行った時にエアコンを
付けてみたのですが、このような感じ。

01S-0050

エアコンの液晶ディスプレイにプラズマクラスターを表す”ぶどう”の
ようなマークが表示されていました。

ちなみに、こちらがマイナーチェンジをする前のフィット3(FIT3)の
エアコンをONにした時の様子。

フィット3画像0009

マイナーチェンジ前ではプラズマクラスターを表す”ぶどう”がありません。

今回フィット3(FIT3)に標準装備されたプラズマクラスターは、
空中に浮遊したカビ・花粉やウィルスを抑える効果があると言われています。

また、衣服に付着したニオイなどを分解して消臭する効果や
お肌にツヤを与える効果もあると言われています。

01S-0047

子供や小さい赤ちゃんがいるご家庭には嬉しい機能ですよね。
フィット3(FIT3)のお値段が据え置きでこの機能が装備されているのは
良い事だと思いました。

ちなみにプラズマクラスター付きのエアコンは、1.3リットルエンジンを
搭載したガソリン車の13Gとハイブリッド車のベースグレードでは
装備されないので、ご注意を・・・。

変更点2.ナビ装着用スペシャルパッケージが標準装備

また、マイナーチェンジをしたフィット3 ハイブリッドの変更点の一つが
ナビ装着用スペシャルパッケージがベースグレードを除いたすべての
グレードで標準装備になった事。

ナビ装着用スペシャルパッケージとは、後部座席スピーカー・リアワイドカメラや
オーディオリモートコントロールスイッチがセットになったもの。

ちなみに、こちらがハンドルに装備されるオーディーリモートコントロール
スイッチです。

フィット3画像0015

フィット3画像0014

以前はこのナビ装着用スペシャルパッケージは標準装備ではなく、
価格は約3万円程度のメーカーオプションでした。

それが今回のモデルから標準装備に・・・。
意外とお得感がありますよね^^

オーディーオリモコンスイッチや後部座席スピーカーがフィット3(FIT3)に
標準装備されていても困らないですからね。

以前よりもクルマの使い勝手や快適性はアップしたように思いました。

変更点3.ラゲッジルームランプが標準装備

また、マイナーチェンジをしたフィット3(FIT3)ハイブリッドの
Fパッケージでは、ラゲッジルームランプが標準装備されるようになりました。

フィット3画像0010

このラゲッジルームランプの標準装備は少し地味ですが、
マイナーチェンジ前にフィット3 ハイブリッドを購入した人の中には
羨ましいと思っている人も多いはず・・・。

実はマイナーチェンジ前のフィット3(FIT3)ハイブリッドではLパッケージ以上に
このラゲッジルームランプが標準装備で、Fパッケージでは装備が
されていなかったんですよね。

こちらがマイナーチェンジ前のFパッケージの荷室・ラゲッジスペース

フィット3画像0013

一方、こちらがフィット3 ハイブリッドのLパッケージの
荷室・ラゲッジスペース。

フィット3画像0012

Lパッケージ以上ではこのように荷室・ラゲッジスペースの右側に
ラゲッジラゲッジルームランプが装備されています。

フィット3(FIT3)の購入後にこの事に気付いて、ラゲッジスペース・荷室が
暗くて使いにくいと不満の声が続出していました。

私も実際にマイナーチェンジ前のフィット3(FIT3)ハイブリッドの
Fパッケージを見た事があるのですが、ライトが装備されてないと
荷室・ラゲッジスペースが見えにくい・・・。

特にオプションのトノカバーを装備すると街灯が無いと
荷室・ラゲッジスペースに置いた荷物を探すのは困難だと思いました。

私はその事を経験しているので、フィット3(FIT3)ハイブリッドの
Fパッケージでラゲッジルームランプが装備されたのはかなり大きい事だな~
余計に感じてしまいました。

変更点4.コンフォートビューパッケージが標準装備

また、今回発売されたマイチェン後のフィット3(FIT3)では、
コンフォートビューパッケージが標準装備となりました。

この親水/ヒーテッドドアミラー、フロントドア撥水ガラス、
熱線入りフロントウインドウの3つの機能がセットになったパッケージ。

フィット3画像0018

マイナーチェンジ前のモデルではこのコンフォートビューパッケージが
オプションでしたが、これが標準装備に・・・。

私が以前試乗したマイナーチェンジ前のフィット3 (FIT3)は、
このコンフォートビューパッケージが
装備されてモデルでした。

雨の日に試乗をしたのですが、サイドミラーの水滴がキレイに無くなり
ミラーに馴染んだのが好印象でした。

フィット3画像0016

私がフィット3(FIT3)を試乗した時は、雨の日でもサイドミラーはとても
見やすかったです。

また、今回フィット3(FIT3)ハイブリッド車のサイドミラーにはヒーター機能も
装備されるので、雪の付着や曇り防止にも役立ちそうですよね。

雨天時の安全な運転を考えると、今回このコンフォートビューパッケージが
標準装備になった事はとても良い事だなと思いました。

フィット3画像0008

今回フィット3 ハイブリッドで行われたマイナーチェンジは見た目も
ほとんど変わらず、私はかなり地味な印象を持ちました。

ただ、ディーラーさんの話を聞くとマイナーチェンジ前と比べると
約10万円程度もお得になったようです。

お値段据え置きで10万円の装備が付いてくると考えると、
意外と大きいですよね。

ディーラーさんからこの話を聞いて、今回のフィット3(FIT3)ハイブリッドの
マイナーチェンジは地味ですが、意外とメリットは大きいのかなと思いました。

<<< フィット3のマイナーチェンジ情報1|エクステリアの変更点はコチラから

フィットの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です