クラウンアスリート ターボの画像|外装はノンターボよりワイルド!?


クラウンアスリート画像0024

日本の高級セダンの代名詞トヨタのクラウン アスリート(Crown Athlete)
発売されてから2年半経ちビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでは、エクステリアやインテリアなどの変更も
ありましたが、一番の注目ポイントはターボエンジン車を新設定した事。

先日、このクラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車を
試乗してきたのですが、加速力・パワーは2.0リットルエンジンのクルマとは
思えないくらい良かったです。

>>> クラウンアスリート ターボ車の加速力レビューはコチラから

また、今回新設定されたクラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車は、
ノンターボのガソリン車と多少見た目や機能・装備が異なりました。

先日このクラウン アスリート(Crown Athlete)を試乗した時、ターボ車の
写真もたくさん撮らせて貰ったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クラウンアスリート ターボの外装画像:正面から

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車を正面から見た時の様子は、
このようになっています。

クラウンアスリート画像0032 クラウンアスリート画像0033 クラウンアスリート画像0035

ちなみに、今回私が見たクラウン アスリート(Crown Athlete)のボディカラーは、
メーカーオプション設定になっている”ジャパンカラー”の天空(ソラ)。

この天空(ソラ)の具体的なカラー名は、ピュアブルーメタリック。
ビビッとなブルーカラーがオシャレで若い人に人気が出そうだなと思いました。

フロントグリルのデザイン

クラウン アスリート(Crown Athlete)で注目なのは、フロントグリルのデザイン。

クラウンアスリート画像0080

今回ビッグマイナーチェンジをしたクラウン アスリート(Crown Athlete)は、
フロントグリルの下端が伸びて、さらに大きくなりました。

フロントグリルが拡大したおかげで、マイナーチェンジ前のモデルに比べて
さらに押し出し感が強くなったように感じました。

また、今回のビッグマイナーチェンジで変更され立体感の出た
フロントグリルの感じも良かったです。

クラウンアスリート画像0124

また、ターボ車とノンターボ車ではフロントグリルまわりのガーニッシュの
カラーが異なります。

こちらがターボエンジンのフロントグリルのガーニッシュ。

クラウンアスリート画像0123

そして、こちらがノンターボ車のフロントグリルのガーニッシュ。

クラウンアスリート画像0136

画像ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、クラウン アスリートの
ターボ車は、スモークがかった少し光沢感を抑えたガーニッシュに・・・。

一方、ガソリンのノンターボ車やハイブリッド車では、メッキ調の
キラキラとした光沢感のあるフロントグリルガーニッシュを装備していました。

言われないと気が使いないレベルの違いですが、
ターボ車とノンターボ車をハッキリと区別化しているのは好印象でした。

ヘッドライト&フォグランプのデザイン

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車のヘッドライトはこのような感じ。

クラウンアスリート画像0081

基本的にはノンターボ車と全く同じデザインになっています。
そして、ヘッドライトを点灯するとこのような感じ。

クラウンアスリート画像0027

また、今回このクルマに登載されているヘッドライトは一つの光の光源で
ハイビームとロービームを切り替える事ができるBi-Beam(バイビーム)式の
LEDヘッドライトを採用。

光源が一つしかないので、ライトのデザインもスッキリとしていて、
なかなか良いと思いました。

また、ライト点灯時にシャープなイメージになるクリアランスランプ(導光ランプ)も
かなり好評のようです。

クラウンアスリート画像0030

一方、クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車に装備されている
フォグランプは、このようなデザインになっています。

クラウンアスリート画像0001

クラウンアスリート画像0028

今回このクルマに登載されているフォグランプもLEDライトを採用。
また、フォグランプの形状も丸型から四角形に変更。

フォグランプまわりのデザインも変更された事もあり、
低重心でよりどっしりとした雰囲気のフロントマスクになりました。

エンブレムのデザイン

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車のエンブレムは、
このようなデザインになっています。

クラウンアスリート画像0133

このエンブレムのデザインは、ガソリン車のノンターボ車と全く一緒。

フロントグリルガーニッシュのカラーをスモーク調にするなら
エンブレムのカラーも変えて貰いたかったです。

ちなみに、このクルマにメーカーオプションで装備する事ができる
プリクラッシュセーフティシステムを装備すると、このようなエンブレムに
変更されるので、ご注意を・・・。

クラウンアスリート画像0125

クラウンアスリート ターボ車の外装画像:横から

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車を横からみると、
このようなデザインになっています。

クラウンアスリート画像0129

横から見ると、やはりボディの大きさを実感しますね。

また、ターボ車では標準装備の17インチのタイヤもメーカーオプションで
装備する事ができる18インチタイヤも専用のデザインが採用されていました。

ターボ専用のタイヤ&アルミホイール

これがクラウン アスリート(Crown Athlete)に標準装備される17インチの
タイヤ&ホイール。

クラウンアスリート画像0128 クラウンアスリート画像0126

ハイブリッド車や2.5リットルのノンターボガソリン車に装備されている
タイヤ&ホイールとは異なり、ブラック塗装されているデザインに・・・。

ちなみに、このターボ車に標準装備されている17インチのタイヤの
タイヤメーカー&ブランドは、ハイブリッド車や2.5リットルのノンターボの
ガソリン車に装備されているタイヤメーカー&ブランドと全く一緒。

ダンロップのSPスポーツマックス(DUNLOP SPORT MAXX)が装備されていました。
また、この標準装備されているタイヤサイズは215/55R17でした。

一方、こちらがクラウン アスリート(Crown Athlete)のターボエンジンに
メーカーオプションで装備する事ができる18インチタイヤ。

クラウンアスリート画像0129 クラウンアスリート画像0121

光沢感のあるシルバーメッキ調ではなく、落ち着いた感じのブラック調のカラーに
なっており、標準車よりもスポーティーな雰囲気になりますよね。

横から見ると細いスポークのタイヤがオシャレに見えました。

また、クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車にオプションで
装備する事ができるタイヤのメーカー&ブランドは、標準装備のモノと異なりました。

このメーカーオプションのタイヤメーカー&ブランドは、
ブリジストンのポテンザ(Bridgestone POTENZA)を装備。

また、タイヤサイズも225/45R18となり、標準装備のモノと比べてタイヤの
厚さも薄くなっています。
なので、よりスポーティな硬めの乗り心地が楽しめるようですよ。

ドアハンドルのデザイン

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車のドアハンドルは、
このようになっています。

クラウンアスリート画像0037

ちなみに、こちらはターボ車の中でも最上位グレードとなっている
“アスリートG-T”グレード。

このグレードのドアハンドルはこのようにメッキ調とボディカラーを
あわせたデザインになっていました。

一方、このターボ車の最下位グレードの”アスリートT”グレードのドアハンドルは
このようにメッキ調のデザインではなく、ボディカラーと同色になっていました。

クラウンアスリート画像0137

このように見比べると、メッキ調のデザインがワンポイントになっている
上位グレードのドアハンドルの方が良いように思いました。

クラウンアスリート ターボ車の外装画像:後ろから

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車の後ろからのデザインは、
このようになっています。

クラウンアスリート画像0100

リアコンビネーションライトが大きくなり、よりスポーティーさが
アップしましたね。

また、クラウン アスリート(Crown Athlete)のリアからのデザインでも
ターボ車専用の装備が用意されていました。

それはマフラー&リヤバンパー。

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車のリヤバンパーは、
ノンターボのガソリン車やハイブリッド車とは異なるデザインになっていました。

マフラー&リヤバンパーもターボ専用!?

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車に装備されているリヤバンパーは、
このようなデザイン。

クラウンアスリート画像0130 クラウンアスリート画像0134

このように2本のマフラーが出ていて、また、リヤバンパーがボディと同系色に
なっているのは、このターボ車のみ。

他のグレードでは、このようにマフラーが出ていないスタイルや、
リアバンパーのカラーがボディと同系色ではなくブラックになっていました。

クラウンアスリート画像0135

このマフラーやリヤバンパーのデザインもクラウン アスリート(Crown Athlete)の
ターボ車の特徴の一つだと思いました。

リアコンビネーションランプのデザイン

クラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車のリアコンビネーションランプの
デザインは、このようになっています。

クラウンアスリート画像0131

ノンターボ車やハイブリッド車との違いはありませんでしたが、サークル状の
テール&ストップライトのまわりのシルバーリングがオシャレですよね。

また、ライトを点灯時はこのようになります。

クラウンアスリート画像0093

先代モデルに比べてライトがひと回り大きくなったおかげで
点灯時の迫力もアップした印象を持ちました。

ライトの周りを囲っているシルバーのリングもオシャレですし、
特徴的なリアのデザインも好印象でした。

クラウンアスリート画像0115

今回初めて追加されたクラウン アスリート(Crown Athlete)のターボ車は
専用のアルミホイールが用意されているなど、ノンターボ車よりも
スポーティーなデザインになっているように感じました。

スモーク調になっているフロントグリルガーニッシュも含めて
私はノンターボ車よりもターボ車のデザインの方が良いように感じました。

クラウンアスリートの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です