リヤ&サイド注目点は?|クラウンアスリートの外装画像レビュー2


クラウンアスリート画像0097

トヨタの高級セダン車の代名詞クラウン アスリート(CROWN ATHLETE)
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回ビッグマイナーチェンジをしたクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)の
注目ポイントの一つがターボ車エンジンを登載グレードの追加。

また、今回ビッグマイナーチェンジをしたこのクルマは、新色を追加するなど
エクステリアやインテリアのデザインにも手を加え、さらに高級感がアップした
印象を持ちました。

そんなクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)を先日お台場のメガウェブまで
見に行って来たのですが、精悍なデザインになっており存在感がありました。

グリルなど正面からのデザインは大幅に変更されたクラウンアスリートですが、
サイドやリアからのデザインはどのようになっているのか、変更点や注目点などを
画像を使って徹底的にレビューをしていきます。

スポンサーリンク

クラウンアスリートの画像レビュー:サイド編

今回ビッグマイナーチェンジをしたクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)を
サイドから見ると、このようなデザインになっています。

クラウンアスリート画像0098

やはり横から見ると車の大きさが分かりますね。
また、ボンネット部分が長いので伸びやかなデザインになっている印象を
持ちました。

今回私が撮ったこのクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)は、
今注目のターボ車にオプションの18インチタイヤを装備したモデル。

クラウン アスリート(CROWN ATHLETE)と言うと大人が乗る高級セダン車と
言ったイメージがありますよね。

しかし、今回の写真を撮った明るいブルーの天空(ソラ)などは、
若い男性が運転しても違和感の無いデザインになっているように感じました。

また、明るいブルーの天空(ソラ)と同様に新色として追加された
ローズメタリックパールの仄(ホノカ)やライトイエローマイカメタリックの
白光(ビャッコウ)は、女性に人気のあるカラーだと思いました。

クラウンアスリート画像0083

クラウンアスリート画像0103

このように新色が追加され選べるカラーが増えたのは、嬉しいことですよね。

サイドのデザインの変更点は!?

ただ、今回ビッグマイナーチェンジをしたサイドからのデザインに
大幅な変更点はなし。

ミラーやドアノブも全く同じように感じました。

クラウンアスリート画像0104

クラウンアスリート画像0038 クラウンアスリート画像0037

そんなサイドからのクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)のデザインで
唯一私が気が付いた変更点は、タイヤとアルミホイールのデザイン。

今回ビッグマイナーチェンジをしたクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)では、
先代モデルと比べてタイヤ&アルミホイールのデザインが一新されていました。

タイヤ&アルミホイールのデザインに注目!

今回クラウン アスリート(CROWN ATHLETE)では、オプションの
タイヤアルミホイールを含めて4種類のタイヤを用意。

こちらがハイブリッド車、そして、ターボエンジンを除くガソリン車に
標準装備されているタイヤ&アルミホイール。

クラウンアスリート画像0083 クラウンアスリート画像0084

オーソドックスなシルバーカラーとなっており、見た目の迫力やスポーティーさは
他のホイールのデザインよりも劣る感じがしました。

ちなみに、こちらのタイヤサイズは17インチ(215/55/R17)。
そして、使用されているタイヤメーカー&ブランドは、ダンロップ(Dunlop)の
SP SPORT MAXX(SPスポーツマックス)でした。

クラウンアスリート画像0086

また、こちらがメーカーオプションの18インチのタイヤ&ホイール。

クラウンアスリート画像0087 クラウンアスリート画像0095

このタイヤは、3.5リットルグレードのガソリン車に標準装備されているようです。

また、ターボエンジンを除くガソリン車や2.5リットルエンジンのハイブリッド車に
メーカーオプションで装備する事ができるとの事。

キラキラとした光沢感がオシャレですよね。
どうやらこの光沢感を出すためにスパッタリング塗装と言うのが施されているようです。

このキラキラとした光沢感のあるアルミホイールがクラウン アスリートのボディと
マッチして、より高級感のあるデザインに感じました。

ディーラーさんの話を聞いても、この18インチのオプションのアルミホイールを
装備していくお客さんは多いみたいですよ。

また、このメーカーオプションの18インチタイヤは、
標準装備のものとタイヤメーカー&ブランドが違いました。

この18インチに装備されていたタイヤは、ブリジストンのポテンザ(POTENZA)でした。
なので、標準装備のタイやを装備したクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)と
乗り心地も異なるようです。

クラウンアスリート画像0096

この乗り心地の違いも注意が必要かもしれませんね。

クラウンアスリートの画像レビュー:リア編

テールランプに注目

今回ビッグマイナーチェンジをしたクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)の
リア(後ろ)からのデザインは、このようになっています。

クラウンアスリート画像0100 クラウンアスリート画像0099

丸型のテールライトがオシャレですよね。

実は今回ビッグマイナーチェンジでこのテールランプの大きさを
ひと回り大きくしたようです。

クラウンアスリート画像0101 クラウンアスリート画像0102

また、クラウン アスリート(CROWN ATHLETE)の丸型のテールランプのま
わりにシルバーの加飾が施されていました。

このシルバーの加飾のおかげで、ライトのに高級感が出て
先代モデルに比べてオシャレになった印象を持ちました。

そして、このクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)のテールランプを
点灯させると、このような感じ。

クラウンアスリート画像0094 クラウンアスリート画像0093

放射状に光るテールラングがインパクトがあって、オシャレだと思いました。

荷室・ラゲッジスペースの様子は!?

また、クラウン アスリート(CROWN ATHLETE)の荷室・ラゲッジスペースを
開けると、このような感じ。

クラウンアスリート画像0088 クラウンアスリート画像0089

セダン車なので荷室・ラゲッジスペースの高さはありませんが、奥行き横幅は十分。

ディーラーさんの話によると、ゴルフバック4つ分を余裕で積む事ができる
収納力を備えているようです。

このクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)の荷室・ラゲッジスペースの
収納力は十分な広さがあると思いました。

ただ、先代モデルもそうでしたが個人的には長尺物を積むのに便利な
トランクスルーが無いのは少し残念でした。

トランクスルーとは長尺物を積む事ができるように、後部座席の背もたれの
一部を取り外し(開閉)できるようにした機能の事。

こちらはホンダのセダン車グレイス(GRACE)の荷室・ラゲッジスペースですが、
トランクスルーをするとこのようになります。

新型グレイス画像0003

新型グレイス画像0001 新型グレイス画像0002

クラウン アスリート(CROWN ATHLETE)ではこのようなトランクスルー機能が
装備されていないのは、少し残念でした。

その一方、このクルマの荷室・ラゲッジスペースでも良い点が・・・。
それは、大き目の床下収納が装備されていた事。

このクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)ではこのように
大き目の床下収納が装備されていました。

クラウンアスリート画像0091

この深さもある床下収納は好印象でした。

クラウンアスリート画像0100

今回発売されたクラウン アスリート(CROWN ATHLETE)のサイドやリヤの
デザインは、このようになっていました。

リアやサイドの外装・インテリアは、フロントマスクほど大幅なデザインの
変更はありませんでした。

ただ、アルミホイールやリアコンビネーションランプのデザインが
変わっており、見た目の印象は大きく変わったように感じました。

個人的にはリアやサイドからのデザインも高級感がアップして
良いデザインになったなと思いました。

<<< クラウンアスリートの外装レビュー1 フロントマスクの注目点は!?

クラウンアスリートの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です