【ガソリンとHVの違いを画像で比較】トヨタCHR/C-HRのメーター


%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00016

プリウスをベースにしたトヨタの新型SUVCHR/C-HRが遂に発日されましたね。

キーンルックを採用してアグレッシブな印象のあるエクステリア・外装に対して、
内装・インテリアは落ち着いたシックな雰囲気に…。私も先日このクルマを
見てきたのですが、満足度のあるデザインになっているように感じました。

>>> トヨタCHR/C-HRの内装写真【シートやインパネデザインを徹底チェック】

今回新発売されたトヨタのCHR/C-HRは、ハイブリッド車と1.2リットルの
ターボエンジンを搭載したガソリン車を用意しています。ただ、この2台のモデルでは、
メーターのデザインが多少異なります。

今回新発売されたこの新型SUVのガソリン車とハイブリッド車の
それぞれのメーターはどのようなデザインになっているでしょうか?

先日、このクルマを試乗した際にメーターの画像・写真も撮らせて貰ったので、
違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

トヨタCHRのメーター比較【ハイブリッド車とガソリン車の違いは何?】

今回トヨタから新発売されたスタイリッシュトヨタのなSUVCHR/C-HRの
ハイブリッド車・ガソリン車それぞれのメーターは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のメーター

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-1555

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0012

■ガソリン車のメーター

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-1806 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0086

今回新発売されたCHR/C-HRは、筒状のシルバーリングが印象的な
2眼式のオプティトロンメーターを採用。このシルバーリングのおかげで
思ったよりもスポーティーなデザインになっているように感じました。

また、2つのメーターの中央には、マルチインフォメーションディスプレイを
標準装備しています。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0043

画面サイズは4.2インチあり、視認性に優れているのも好印象でした。

そして、今回新発売されたこの新型モデルのメーターの目盛りのフォントや
メーターの針にはシンプルには、ホワイトを採用。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0021

ブルー×ホワイトの組み合わせがスタイリッシュな感じがしますよね。

デジタルメーターを採用していたプリウス(Prius)と比較するとシンプルな
印象を持ちましたが、落ち着いた雰囲気のあるこのクルマの内装・インテリアに
マッチした、また、視認性にも優れてたデザインになっているように感じました。

ガソリン車とHV車の違い1:メーターの左側のデザイン

2眼式のメーターを採用しているトヨタのCHR/C-HRのメーターですが、
右側にはガソリン車とハイブリッド車ともにまったく同じデザインの
スピードメーターとガソリンタンクの燃料計を採用。

しかし、メーターの左側のデザインは異なります。

ガソリン車はタコメーターと水温系を採用しているのに対し、ハイブリッド車では
現在のエネルギーの出力/回生状況が確認できるエコ/パワーメーターを搭載。

■ガソリン車のタコメーター

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0062

■ハイブリッド車のエコ/パワーメーター

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0016

エコ/パワーメーターが装備されているハイブリッド車は多いですが、
このカラフルなエコ/パワーメーターは先進的なイメージがありますよね。

この左側のデザインの違いよって、ガソリン車とハイブリッド車のメーターの
雰囲気が全く異なるように感じました。

ちなみに、CHR/C-HRのハイブリッド車ではマルチインフォメーション
ディスプレイの表示も含めてタコメーターは装備されていません。

個人的にはせめてタコメーターは、マルチインフォメーションディスプレイに
表示できるようにしてもらいたかったです。この点は少々残念でした。

ガソリン車とHV車の違い2:マルチインフォメーションディスプレイ

今回新発日されたトヨタのCHR/C-HRは、2つのメーターの間に4.2インチサイズの
マルチインフォメーションディスプレイが搭載され、様々な表示項目を用意して
くれているのですが、ガソリン車とハイブリッド車では、若干表示項目が異なります。

ハイブリッド車のみに用意されている表示項目の一つが、エネルギーモニター画面。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0028

このエネルギーフロー画面は、モーターのみのチカラで走行しているのか、
また、モーターとエンジンの両方のチカラを使って走行しているのかなど現在の
エネルギーの流れや回生/出力情報を表示してくれる表示項目です。

ちなみに、このエネルギーフローは、EV走行できる距離やどのくらいのスピードで
EV走行からハイブリッド走行に変わるのかなどを確認をするのにおススメです。

もしこれからトヨタのCHR/C-HRのハイブリッド車を試乗する方は、
このエネルギーフロー画面も確認しながら運転をしてみてくださいね。

一方、車両にかかる”G”の大きさやどのタイヤに駆動力がかかっているのかなどを
表示してくれる各輪にかかる駆動力”4WDコントロール(4WD Control)”は、
ガソリン車の4WDのみに用意されている画面表示となっています。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0072

ただ、それ以外のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、
基本的に同じになっています。

■瞬間燃費

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0074

■平均車速

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0025

■航続可能距離

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0032

■Gモニター

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0036

■ふらつき検知機能

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0038

■警告表示

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0080

このようにトヨタのCHR/C-HRのハイブリッド車とガソリン車では、
マルチインフォメーションディスプレイの表示項目が異なります。

このマルチインフォメーションディスプレイの表示項目の違いも
注目ポイントの一つだと思います。もしこれから試乗される方は、ぜひとも
マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を確認してみてくださいね。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-0100

今回トヨタから新発売されたトヨタのCHR/C-HRのハイブリッド車・ガソリン車の
それぞれのメーターは、このようなデザインになっていました。
また、ハイブリッド車とガソリン車のメーターでは、このような違いがありました。

ハイブリッド車とガソリン車でメーターのデザインに若干の違いがありましたが、
両車とも視認性に優れていて、運転中に確認しやすいデザインになっているように感じました。

エンジンを立ち上げた時に表示されるシルエットはかなりオシャレです。
もしこのCHR/C-HRのシルエットが気になるのなら、ぜひともディーラーさんに
試乗にいって確認をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です