トヨタCHRの外装画像レビュー【SUVクーペの注目ポイントを徹底チェック】


%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00001

発売前から話題のトヨタの小型SUVのCHR/C-HRが2016年12月14日に発売されましたね。

この新型モデルは発売前から大人気となっており、納期・納車待ちが
日に日に長くなっているそうです。

そんなCHR/C-HRですが、東京お台場にあるトヨタのショールーム
メガウェブ(MEGA WEB)で展示車・試乗車あると知り早速見にいってきたのですが、
かなりインパクトのある外装・エクステリアに…。

良い意味でトヨタのクルマっぽくないデザインになっていました。

私が実際に見て特に良いと思ったのが、サイドからのデザイン。
ボディと一体化されたリヤドアや後端を下げたルーフラインなどSUVと
クーペの良いとこ取りをしたようなデザインになっているのが良かったです。

そんなCHR/C-HRの外装・クステリアの写真を撮ってきたので、
実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ C-HRの外装画像レビュー:正面から

今回新発売されたトヨタのCHR/C-HRを正面から見ると、
このようなデザインになっています。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00008 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00021

 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00016

ちなみに、今回私が見たモデルはハイブリッド車の最上位モデルGグレード。
また、ボディカラーは、人気のホワイトパールクリスタルシャインパールとなっています。

かなりインパクトのあるデザインになっていますね。

最近のトヨタのトレンドのキーンルックをCHR/C-HRでもそのまま採用。
他のトヨタのクルマと同様にシャープな顔つきになっているように感じました。

また、今回新発売されたこの新型モデルのフロントマスクを見て印象的だったのが、
フロントロアグリルのデザイン。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00094

このクルマのフロントロアグリルはサイドに張り出す台形のようなデザインに…。
また、ハの字型の末広がりになっている黒いガーニッシュを採用。

この台形型のフロントロアグリルやハの字型の黒いガーニッシュのおかげで
SUVらしい”どっしり”としたデザインになっているように感じました。

また、今回新発売されたCHR/C-HRのフロントロアグリルは、
カローラのように大口を開けたようなデザインになっていないのも好印象でした。
(個人的に大型のフロントグリルを搭載したカローラ顔は苦手なので…)

注目装備1:LEDヘッドライト

今回新発売されたトヨタのCHR/C-HRで注目なのが、LEDヘッドライト。

この新型モデルで一つの光源でロー&ハイビームを切り替える事ができる
Bi-Baem(バイビーム)LEDヘッドライトを採用。実際にこのヘッドライトを
点灯してみると、このような感じ。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00058 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00069 

シャープなデザインが良いですよね。

また、このトヨタCHR/C-HRに採用されているBi-Baem(バイビーム)
LEDヘッドライトの注目ポイントの一つが、ウィンカー。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00088 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00090

なんとこのクルマのヘッドライトは、流れるタイプのシーケンシャルウインカーを装備。

私がしている限りでは、トヨタのクルマに流れるタイプのシーケンシャル
ウインカーが装備されているのは、CHR/C-HRが初。

レクサスなど一部の高級モデルにしか装備されていない”流れるウインカー”が
装備できるのは、好印象でした。

Bi-Baemヘッドライトはメーカーオプション設定

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00004

ただ、ちょっと残念だったのは、このCHR/C-HRに装備できる
Bi-Baem(バイビーム)LEDヘッドライトは標準装備されているのではなく、
メーカーオプションになっている事。

また、このBi-Baem(バイビーム)LEDヘッドライトは、ハイブリッド車と
ターボ車の上位モデル”Gグレード”しか装備できません。

このBi-Baem(バイビーム)LEDヘッドライトを装備しないと、このように
ハロゲンのヘッドライトになっていしまいます。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00117 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00119

かなり見劣りをしてしまいますよね。
当然の事ながら”流れるウィンカー”も装備されません。

個人的には上位モデルのGグレードでは、Bi-Baem(バイビーム)LEDヘッドライトを
標準装備にしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、このメーカーオプションとなっているBi-BaemLEDヘッドライトの
オプション価格は、15万2000円。

安い金額とは言えませんが、ディーラーさんの話によると、注文数も多く
人気のオプションになっているそうですよ。

トヨタ C-HRの外装画像レビュー:サイドから

今回新発売されたトヨタのCHR/C-HRをサイドから見ると、このような感じ。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00044 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00029

大きく張り出した前後のホイールフレアや大胆に入ったキャラクターラインが
インパクトありますよね。

実際に見てみると、かなりの大迫力です!

このような重量感や肉厚感は伝わってくるデザインはトヨタっぽく
無いなと思ってしまいましたが、CHR/C-HRはデザインにこだわったと言うのも
納得のデザインになっていました。

力強さとスタイリッシュさを兼ね備えたSUVクーペデザインに注目

また、今回私がこのCHR/C-HRをサイドから見て印象的だったのが、ボディのバランス。

今回私が見たGグレードでは18インチの大径タイヤを装備しており、ボディの
下半分はSUVのようなデザインを演出。それにも関わらずボディ上半分はサイド
ウィンドウを小さくし、ルーフラインの後端を下げ流麗なクーペスタイルを採用。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00044

SUVクーペと呼ぶのにふさわしいデザインになっているように感じました。

また、競合車・ライバル車のホンダのヴェゼル(VEZEL)もクーペのようなデザインに
なっていますが、このCHR/C-HRの方がコンセプトカーのようなダイナミックな
デザインになっているように感じました。

■ホンダ ヴェゼルの外装・エクステリア

ヴェゼルRS画像0150

SUVのチカラ強さとクーペのスタイリッシュさ&流麗さを兼ね備えたこのクルマの
デザインは、街中で見かけたらかなり目立ちそうですよね。

注目装備1:後部座席用ドアハンドル

今回トヨタから新発売されたトヨタのCHR/C-HRの注目の装備といえば、
何といっても後部座席用のドアハンドル。

このクルマではクーペスタイルを強調するために、ドアハンドルをボディと
一体化し、存在感を無くしたデザインに…。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00104

競合車・ライバル車のホンダ ヴェゼル(VEZEL)の後部座席のドアハンドルは
ボディと一体型にして目立たないデザインにしていますが、取っ手を手前に引く
CHR/C-HRの方がドアハンドルのグリップ感が良く、開け閉めはしやすいように感じました。

ちなみに、このクルマの後部座席用のドアハンドルは小さいので壊れやすそうな
雰囲気がありますが、小さい子供がぶら下がっても大丈夫なくらいの強度はあるそうですよ。

トヨタ C-HRの外装画像レビュー:後ろから

今回新発売されたトヨタのCHR/C-HRの後ろ姿は、このようなデザインになっています。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00045 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00106 %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00112

ブーメランのようなデザインになっているリヤコンビネーションランプが
オシャレですよね。また、外側へ突き出しているフローティング感のある
デザインも印象的でした

点灯をすると、このような感じ。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00072

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00076

3本のラインがシームレスに光る感じがオシャレですよね。

ただ、このシームレスに光るライトがオシャレなリヤコンビネーションランプは、
Bi-Baemヘッドライトとセットで付いてくるオプション設定。

標準装備のライトはこのようなデザインになります。

ヘッドライトと同様にリヤコンビネーションライトのインパクトもデザイン性も
全然違いますよね。。若干値段が張りますが、やはりオプションのBi-Baemヘッド
ライトの方が魅力的に感じました。

注目装備:リヤスポイラー

今回新発売されたトヨタのCHR/C-HRのリヤからのデザインで
印象的だったのが、穴が空いているリヤスポイラー。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00101

トヨタの開発スタッフが研究したところ、バックドアの角度を水平に対して
25度まで寝かせた時がスポーティーさもあり、一番オシャレに見えるそうです。

ただ、ここまでバックドアを寝かせた時の欠点・デメリットが、空気抵抗。
この空気抵抗の悪さを解消するために作られたのが、この穴開きスポイラーのようです。

ただのデザイン性だけだと思っていたんですが、そうではなかったんですね^^;;

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bfchr%e7%94%bb%e5%83%8f-00064

今回トヨタから新発売されたSUVクーペCHR/C-HRの外装・
エクステリアは、このようなデザインになっていました。

トヨタのクルマにしてはかなりアグレッシブなデザインですよね。

トヨタのスタッフの方が、「後部座席の居住性やクルマとしての使い勝手よりも
SUVとしての格好良さやデザイン性を追求した。」
と仰っていましたが、まさに
その事がわかるようなデザインになっていました。

珍しく(?)トヨタがデザイン性にチカラを入れたと言うだけあって、
このCHR/C-HRの外装・エクステリアのデザインは、要注目だと思いました。

今回ご紹介したSUVクーペCHR/C-HRの、特徴的なデザインをより楽しむために
ボディコーティングも検討の余地ありですね。
コーティング一括見積り ESCOAT」など、
豆知識やコーティングの種類、各パーツ別のコーティングについてご紹介するサイトがありますので
コーティングについて知りたい・よく分からないというビギナーはぜひ見てみてください。
無料の一括見積りもできるので、一度試しに見積り依頼するのもOKです!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です