新型カムリのメーター画像レビュー【注目は大型化されたマルチインフォ】


新型カムリ画像-1377

世界中で愛されているトヨタのハイブリッドセダン車の新型カムリ(CAMRY)が、
2017年7月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

先代モデルのカムリは、クラシカルなセダン車と言ったイメージがあったのですが、
今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、スポーティーなクーペ
スタイルに変更。

内外装の質感も高くなり、誰が運転しても満足できるクルマに仕上がっている
ように感じました。

>>> トヨタ新型カムリの外装レビュー【先代モデルとの違いを徹底比較】

そんなトヨタのハイブリッドセダン車新型カムリ(CAMRY)を先日、試乗させて
貰ったのですが、運転席に座って驚いたのが、メーターのデザイン。

外装・内装と同様にスタイリッシュなデザインになっただけではなく、
大型化されたマルチインフォメーションディスプレイを搭載するなど
さらに視認性に優れたデザインになっているように感じました。

そんな新型カムリ(CAMRY)のメーターは、どのようなデザインなのか?
また、この新型モデルに搭載されているマルチインフォメーションディスプレイは、
どのような表示項目&情報が用意されているか?

先日、この新型モデルを試乗した際にメーター&マルチインフォメーション
ディスプレイのデザイン&使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ新型カムリのメーター画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

新型カムリ画像-1301

インパネ中央にあるセンタークラスターのラインがユニークですよね。

また、先代モデルと比較して、木目調のパネルが控えめなデザインになっており、
引き締まった印象の内装・インテリアになっているように感じました。

そして、運転席の目の前に配置された新型カムリ(CAMRY)のメーターは、
このようなデザインになっています。

■新型カムリのメーター画像

新型カムリ画像-0095

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)は、
自発光式のオプティトロン2眼メーターを採用。

そして、実際にエンジンを立ち上げてみると、このように点灯します。

新型カムリ画像-1404

左側には、現在のエネルギーの出力や回生状況を表示してくれるハイブリッド
インジケーターシステムと水温系、右側にはスピードメーターとガソリンタンクの
燃料計を配置。

■ハイブリッドシステムインジケーター&水温系

新型カムリ画像-1449

■スピードメーター&燃料計

新型カムリ画像-1407

先代モデルでは、ブルーのエコを強調した2眼式のメーターを採用していましたが、
今回のフルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、メーターの文字や
針にホワイトを採用したシンプルでスッキリとしたデザインに…。

また、ハイブリッドシステムインジケーターとスピードメーターのまわりには
シルバーの加飾も施されており、スタイリッシュなイメージになったこの
新型カムリ(CAMRY)にピッタリなメーターのデザインになっているように感じました。

大型化されたマルチインフォメーションディスプレイを徹底チェック

このようなデザインになっていたフルモデルチェンジをした新型カムリ(CAMRY)の
メーターですが、注目なのが、大型化されたマルチインフォメーションディスプレイ。

トヨタのクルマでは、4.2インチ画面サイズのマルチインフォメーション
ディスプレイを搭載しているクルマが多くなっています。

しかし、今回新発売された新型モデルは、ひと回り大きい7インチ画面サイズの
マルチインフォメーションディスプレイを採用。そのため、視認性がかなり向上しました。

実際に4.2インチ画面サイズと7インチ画面サイズのマルチインフォメーション
ディスプレイの画面サイズを比較すると、こんなに違いがあります。

■新型カムリの7インチ画面サイズのマルチインフォ

新型カムリ画像-1404

■新型ハリアーの4.2インチ画面サイズのマルチインフォ

新型ハリアー画像-0203

このように見比べると、画面サイズが異なりますよね。
新型カムリ(CAMRY)の方がワイドなデザインになっています。

また、新型カムリ(CAMRY)のマルチインフォメーションディスプレイは、
画面サイズが大きくなた事により、各表示項目のデザインにも違いがありました。

例えば、現在のエネルギーの流れを確認する事ができる”エネルギーモニター”を、
新型カムリ(CAMRY)と、先日マイナーチェンジをした新型ハリアー(Harrier)で
比較してみると、このような違いがあります。

■新型カムリのエネルギーモニター画面

 新型カムリ画像-1431

■ハリアーのエネルギーモニター画面

新型ハリアー画像-0227

同じエネルギーモニター画面ですが、デザインが全く異なりますよね。
実際に見比べてみたのですが、ハリアーよりも新しいデザインを採用した
新型カムリ(CAMRY)の方が見やすい印象が…。

このように他のトヨタ車種よりも視認性に優れたマルチインフォメーション
ディスプレイを搭載しているのは、スタイリッシュ性&先進性を追求した
この新型モデルの大きな魅力の一つなのかなと思いました。

また、新型カムリ(CAMRY)に搭載されているマルチインフォメーション
ディスプレイの表示項目によっては、アニメーション演出も施されているのも印象的でした。

新型カムリのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は何がある?

このように7インチサイズの画面を搭載した新型カムリ(CAMRY)の
マルチインフォメーションディスプレイですが、どのような表示項目が
用意されているのでしょうか?

実際に確認してみたので、主な表示項目を紹介したいと思います。

■エコドライブインフォメーション

新型カムリ画像-1413

■エネルギーモニター

新型カムリ画像-1431

■エコアクセルガイド

新型カムリ画像-1416

■運転支援画面

新型カムリ画像-1427

■オーディオ設定画面

新型カムリ画像-1429

■安全システムステータス

新型カムリ画像-1439

■タイヤ空気圧

新型カムリ画像-1435

■警告画面

新型カムリ画像-1411

ちなみに、新型カムリ(CAMRY)のマルチインフォメーションディスプレイの
表示項目の切り替えは、ハンドルの左側にあるステアリングスイッチで
行う事が可能ですよ。

新型カムリ画像-2150 新型カムリ画像-0136

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
メーターを確認したところ、このようなデザインになっていました。

シンプルでスタイリッシュなデザインになっている事も良いと思ったのですが、
個人的にそれ以上に良いと思ったのが、画面サイズが大きくなったマルチ
インフォメーションディスプレイの存在。

画面サイズが大きくなった事により、視認性も高まり、運転中の確認も
しやすくなったように感じました。

もし新型カムリ(CAMRY)の試乗に行かれたら、新しいデザインになった
マルチインフォメーションディスプレイもしっかりと確認をしてみてくださいね。

ちなみに、新型カムリ(CAMRY)の最上位モデルのGレザーパッケージには、
ヘッドアップディスプレイも標準装備されています。

このヘッドアップディスプレイも注目の装備の一つですよ。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です