フルモデルチェンジをしたトヨタの新型カムリのXとGグレードの内装比較【車内の質感が全く異なる?】


xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-02329

トヨタのハイブリッドセダン車の新型カムリ(CAMRY)が、2017年5月に
フルモデルチェンジを行いましたね。

今回新発売された新型モデルは、大きく分けてXグレードとGグレードの
2つに分かれるのですが、この2つのモデルでは、内外装のデザインが全く異なります。

XグレードとGグレードの車体本体価格の差は、約20万円なのですが、
「えっ!?こんなに内外装のデザインは違うの!?」と感じてしまうくらい
この2台のモデルでは、違いがあります。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
人気モデルGグレードと最廉価モデルのXグレードの内装・インテリアは、
何が異なるのか?

先日、見比べる事ができたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ新型カムリのXグレードとGグレードの内装・インテリア比較

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カムリ(CAMRY)の
人気モデルのGグレードの最下位モデルのXグレードの内装・インテリアを
比較すると、このようなデザインになっています。

■新型カムリのXグレードの内装・インテリア

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01724 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01609 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01625 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01697

■新型カムリのGグレードの内装・インテリア

新型カムリ画像-1301 新型カムリ画像-0147 新型カムリ画像-1313 新型カムリ画像-1021

ファブリック素材のシートデザインなどは同じになっているのですが、
インパネのデザインや使用されている素材に若干の違いがあります。

なので、実際に内装やインパネを確認してみると、上位モデルのGグレードの方が
高級感・上質感のあるデザインになっているように感じました。

そんな新型カムリ(CAMRY)のGグレードとXグレードの内装・インテリアですが、
具体的には、主にこのような違いがありました。

違い1:ハンドル・ステアリングホイールの素材

今回新発売された新型カムリ(CAMRY)の人気グレードGグレードと
最廉価モデルのXグレードの内装・インテリアの違いの一つは、ハンドル・
ステアリングホイールの素材。

最廉価モデルのハンドル・ステアリングホイールは、このように
ウレタン製の素材を採用。

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01536 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01541

一方、人気のGグレードのハンドルは、このように本革巻きを採用してます。

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-02596 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-00754

なので、見た目の高級感、握った時のグリップ感が全く異なります。
当然、本革巻きを採用しているGグレードのハンドル・ステアリングホイールの方が
良いです。

車体本体価格だけで300万円以上するクルマなのに、ハンドルがウレタン製
と言うのは、ちょっと寂しいですよね。

個人的には新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデルのXグレードでも、Gグレードと同様の
本革巻きのハンドル・ステアリングホイールにしても良かったのかなと思いました。

違い2:インパネの加飾デザイン

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の
XグレードとGグレードでは、インパネの加飾デザインも異なります。

新型カムリ(CAMRY)の上位モデルGグレードの助手席側のダッシュボードの加飾は、
このようなデザインになっています。

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-02721 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-02734

このように光沢感のあるブラウンは、珍しいですよね。

このGグレードのインパネ、宝石のタイガーアイをイメージしてデザインをした
パネル加飾を採用しています。

新型カムリ(CAMRY)らしい高級感のあるデザインになっており、光の当たり具合や
見る角度によって表情が変わるのが、とても良いと思いました。

一方、新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデルのXグレードでは、Gグレードに
採用されていたタイガーアイ調のパネルよりも光沢感や明るさを抑えた
寄木調の加飾を採用。

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01653 xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01656

Xグレードの落ち着いたシックな雰囲気の内装・インテリアも良いのですが、
ラグジュアリー感は、Gグレードよりも劣る感じが…。

2台のモデルを見比べてしまうと、Xグレードの方が若干見劣りをするのかなと、
感じました。

センターコンソールのデザインの違いにも注目

また、新型カムリ(CAMRY)のGグレードとXグレードの大きな違いを感じるのが、
センターコンソールのデザイン。

この新型カムリ(CAMRY)のGグレードとXグレードのセンターコンソールは、
それぞれこのようなデザインになっています。

■Gグレードのセンターコンソール

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-02630

■Xグレードのセンターコンソール

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01551

明らかに見た目の高級感が異なりますよね。

新型カムリ(CAMRY)の上位モデルのGグレードでは、ダッシュボードの加飾パネルとマッチをしたタイガーアイ調のデザインをこのセンターコンソールを採用しています。

なので、センターコンソールのデザインからも高級感・上質感を感じられます。

一方、新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデルのXグレードのセンターコンソールは、
シンプルなブラックを採用。実際にこのXグレードのセンターコンソールを見ると、
ちょっと安っぽい感じが…。

このセンターコンソールのデザインで、内装・インテリア全体の高級感・上質感を
損ねている感じがして、個人的には少々残念でした。

xn----fbuwizcyb8i3bt0064epco9v0bn81b-01652

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのハイブリッドセダン車の
新型カムリ(CAMRY)の上位モデルのGグレードとXグレードの内装・インテリアを
比較したところ、このような違いがありました。

やはり本革巻きのハンドルやタイガーアイ調の加飾を採用しているGグレードの
内装・インテリアの方がオシャレな感じが…。個人的にはXグレードよりもGグレードの
内装・インテリアの方に惹かれました。

このダッシュボードのパネル一つで内装・インテリアの雰囲気がガラリと変わります。

もしこれからこの新型カムリ(CAMRY)を見に行く方は、各グレードの違いにも
注目をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です