【やはり少ない!?】新型アコードハイブリッド2016の収納スペースを確認


新型アコードハイブリッド画像0029

ホンダのプレミアムセダン車新型アコードハイブリッド(Accord HV)
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回新しく発売された新型アコードハイブリッドは、内装・インテリアの
デザインが大幅に変更されて、スイッチタイプのシフトレバーを採用。

また、先代モデルのインパネ中央にあったカーナビの操作をする
プログレッシブコマンダーは撤去。そのためセンターコンソールの
デザインを変更。センターコンソールやインパネ中央のデザインが
スッキリとしたデザインになりました。

>>> 新型アコードハイブリッドの内装画像レビューは、コチラから

このようにセンターコンソールやインパネの中央のデザインに変更が
あったため、収納スペースの数は先代モデルよりも多くなったようです。

ただ、実際に新型アコードハイブリッド(Accord HV)の収納スペースを
見てみると、数も十分ではありませんし、使い勝手もそれ程良くない印象が・・・。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型アコードハイブリッドでは、
どのような収納スペースが用意されているのか、また、使い勝手は
どうだったのかを確認したいと思います。

スポンサーリンク

新型アコードHVの収納スペース1:インパネ編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたアコードハイブリッドの
インパネは、このようなデザインになっています。

新型アコードハイブリッド画像0049

木目調のパネルを採用した上質感・高級感あふれるデザインになっていますが、
このように見ても、収納スペースの少なさが分かりますよね。

実際にこの新型モデルの運転席に乗り込んでみて、収納スペースを確認して
みたところ、このような場所に用意されていました。

その1:小型ボックス

先代モデルと同様に今回新発売された新型アコードハイブリッドでも
ハンドルの右側にコインケースなどに使用できる小型ボックスが用意されています。

新型アコードハイブリッド画像0448

ただ、このようにこのコインケース部分にはETC車載器が装備されており、
少し収納スペースのサイズが小さめ。

新型アコードハイブリッド画像0447

手を入れてもアイテムを取り出しにくく、使い勝手はイマイチ・・・。
個人的にはもう一回り大きいサイズの方が良かったのかなと思いました。

その2:インパネ中央ボックス

また、新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のインパネの中央の
エアコンコントローラーの下部には、このようなワンプッシュで開閉できる
蓋付きの収納スペースが装備。

新型アコードハイブリッド画像0068

新型アコードハイブリッド画像0093

先代モデルではカーナビを操作するプログレッシブコマンダーが
この部分に装備されていましたが、今回からこのような収納スペースに変更。

実際にこの蓋を開けてみると、このような感じ。

新型アコードハイブリッド画像0117

USBケーブソケットがこのインパネ中央ボックスに用意されているため
横幅は思ったよりも小さめ・・・。ただ、このようにiPhoneを縦に置けるくらいの
奥行きを確保。

新型アコードハイブリッド画像0114

今回ビックマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッド(Accord HV)では、
“Apple CarPlay”が標準装備されています。Apple CarPlayを使う際には、
ここにiPhoneを置くのが良いのかなと思いました。

ちなみに、このインパネ中央ボックスには起毛処理やゴムマットが敷かれてません。
もしここにスマホやiPhoneを置いたまま運転すると、傷つく可能性も・・・。

iPhoneやスマホをこの収納スペースに置くのなら、市販のゴムマットなどを
敷いた方が良いのかなと思いました。

その3:グローブボックス

また、新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の助手席側には
鍵付きのグローブボックスを装備。

新型アコードハイブリッド画像0205

このグローブボックスを開けると、このような感じ。

新型アコードハイブリッド画像0215

大きいクルマだけあって、奥行きも横幅も大きいですね。
車検証を入れてもまだまだサイズに余裕がある感じがしました。

新型アコードハイブリッド(Accord HV)は収納スペースが少ないクルマなので、
この大きな収納スペースは重宝するのかなと思いました。
ただ収納スペース内を起毛処理をしてなかったのが、少々残念でした。

その4:オーバーヘッドコンソール

また、新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のインパネの上部には
サングラスや運転用のメガネを収納できるオーバーヘッドコンソールを用意。

新型アコードハイブリッド画像0287

実際にオーバヘッドコンソールを開けてみると、このような感じ。

新型アコードハイブリッド画像0301

運転用のメガネやサングラスを使う人には、使い勝手の良い
収納スペースかもしれませんね。

ちなみに、私は運転用のメガネやサングラスではなく、
ウェットティッシュをこのオーバーヘッドコンソールに置いています。

ピアノブラック調のパネルのホコリが気になった時に
サッと拭き取れるので、とっても便利ですよ^^

アコードHVの収納スペース2:センターコンソール編

また、今回ビッグマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッドの
センターコンソールは、このようなデザインになっています。

新型アコードハイブリッド画像0061

この新型モデルのインパネは収納スペースが少なかったですが、
その代わりにこのセンターコンソール部分の収納スペースは多そうですよね。

ただ、実際にこのセンターコンソールの収納スペースを確認してみると
使い勝手など色々と気になることが・・・。

新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のセンターコンソールに
用意されている収納スペースを紹介したいと思います。

その1:センターコンソールボックス

新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のセンターコンソールの
上部には、このようなボックス型の収納スペースを用意。

 新型アコードハイブリッド画像0093

サイズ的にも十分な大きさですよね。
私のiPhoneを横にして置いても、このようにかなり余裕。

新型アコードハイブリッド画像0104

縦に置けばタブレット端末もしっかりとこのスペースに置くことが可能だと思います。

また、このセンターコンソールボックスを実際に良いと思ったところは、
ゴムマットがフロアに敷かれていた事。これなら運転中にiPhoneやスマホを
置いても動く心配は無さそうですよね。

新型アコードハイブリッド画像0095

スマホなどを置いても、傷からもしっかりと守ってくれそうですよね。
このゴムマットが敷かれていることは、個人的にはかなり高ポイントでした。

また、新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のセンターコンソールを
見て良いと思ったのは、使い勝手が良いこと。

このセンターコンソールは、奥が一段下がった位置になっています。
そのため急ブレーキをかけても置いたアイテムが落ちる心配は全くなし。

新型アコードハイブリッド画像0102

このような工夫がされているのは、嬉しいですよね。

私が実際に新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)を見て、
一番使い勝手が良いと思ったのはこの収納スペース。

このセンターコンソールは、新型アコードハイブリッドに欠かせない
収納スペースだなと思いました。

その2:センターコンソール中央ボックス

また、今回新発売された新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)では、
シフトレバーの後方に少し小さめの収納スペースが用意されています。

新型アコードハイブリッド画像0130

ワンプッシュ式の蓋を開けてみると、このような感じ。

 新型アコードハイブリッド画像0132

深さは十分なものの、サイズが小さいので使い勝手はイマイチ・・・。

またそれ以上に気になったのは、収納スペースが設置してある場所。

今回新しく装備されたこのセンターコンソール中央ボックスは、
アームレストのスグ手前に装備されています。

新型アコードハイブリッド画像0041

そして、新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のアームレストは。
このように運転席側が大きく張り出しているデザインになっています。

新型アコードハイブリッド画像0122

そのため、運転席側からはこの収納ボックスの開け閉めや置いた
アイテムの出し入れが
とってもしにくい・・・。

このセンターコンソール中央ボックスは、助手席用の収納スペースと
考えた方が良いのかなと思いました。

その3:収納ボックス付きのアームレスト

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの
新型アコードハイブリッドでは、収納ボックス付きのアームレストが用意されています。

新型アコードハイブリッド画像0083

「おっ!?この新型アコードハイブリッドのアームレストは大きいので、
収納スペースも大きいかも!?」
と期待してたのですが、開けてビックリ・・・。

予想以上にかなり小さい・・・。

アームレスト部分を持ち上げるとこのような感じ。

新型アコードハイブリッド画像0124

このようにUSBやHDIM、12ボルトのアクセサリーソケットなどが装備
されていたため、内部の収納スペースは予想以上に小さかったです。

またこのように深さは十分にもかかわらず、上下2段構造に
なっていない事も残念でした。

ちなみに、こちらは新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の競合車・
ライバル車のトヨタクラウンアスリートのアームレスト。

クラウンアスリート画像0033

 クラウンアスリート画像0053

こちらの方が明らかに広いですよね。

また、何よりトヨタのクラウンアスリートの収納スペースは
上下2段構造になっているのが、とても良いと思いました。

クラウンアスリートと比べると、新型アコード ハイブリッドの
アームレストの収納スペースの大きさは少しガッカリとしました。

新型アコードハイブリッド画像0202

今回ビッグマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッドの
収納スペースは、このようになっていました。

ディーラーさんに話を聞くと、先代モデルよりも収納スペースは増えたと
言っていましたが、それでもまだ少なめ・・・。

実際に新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の収納スペースを見て、
これは欠点・デメリットだなと思いました。また個人的にこのクルマに
用意されている収納スペースの使い勝手の悪さも気になりました。

ビッグマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッド(Accord HV)ですが、
収納スペースのデザイン・使い勝手は、少々不満でした。

もしこれからこのクルマを見る方は、収納スペースの位置や使い勝手も
しっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型アコードハイブリッドの試乗 乗り心地インプレッションはコチラから

新型アコードハイブリッドはこのように乗り心地は良かっただけに、
収納スペースの少なさや使い勝手の悪さが少々残念でした。

アコードハイブリッドの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です