新型アコードハイブリッド試乗の感想。乗り心地はホンダっぽくない!?


新型アコードハイブリッド画像0022

欧米でも人気のホンダのプレミアムセダン車新型アコードハイブリッド
ビッグマイナーチェンジをして、2016年5月に新発売されましたね。

先日、私の家の近所のディーラーさんでビッグマイナーチェンジをして
新発売されたホンダの新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の
試乗車が期間限定できると聞いたので、早速試乗に行ってきました。

スイッチ型のシフトレバーなどまだ慣れない部分もありましたが、
実際に試乗をして見ると、乗り心地や静寂性の良さにビックリ・・・。
まさにプレミアムセダンという感じの乗り心地になっていました。

そんな新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)は実際にどのような
乗り心地だったのか?また、気になる部分・欠点は無かったか?

実際にこの新型モデルを試乗した感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型アコードHVの試乗の感想 乗り心地はどんな感じ?

今回、私が試乗をさせてもらったモデルは、この画像と同様の
新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の最上位モデルEXグレード。

新型アコードハイブリッド画像0009

18インチタイヤを装備した上位モデルのEXグレードを20分~25分程度
試乗さえて貰ったのですが、乗り心地は若干硬め。

ただホンダのクルマにしては、思ったよりも柔らかめな印象が・・・。
若干足回りは引き締まった感じはあるもののガチガチに固めた感じは
全く無く、予想していた以上にしなやかな乗り心地の印象を持ちました。

今回の新型アコードハイブリッド(Accord HV)では初搭載された
スポーツモード(SPORT MODE)も装備されており、このスイッチをONにすると
キビキビとしたスポーティーな走りを楽しむことも可能です。

また、アクセルを踏み込むと気持ち良く加速していく走破性も良さもあります。

新型アコードハイブリッド画像0075

このクルマはスポーティーな走りを楽しむこともできますが、
プレミアムセダン車らしく優雅な乗り心地を楽しみたい方には
ピッタリのクルマなのかなと思いました。

また、適度に足回りが引き締まっており、また、シートの作りも
しっかりとしてるので、長時間運転しても疲れにくいのかなと言った印象を持ちました。

新型アコードハイブリッドの乗り心地の良かったところ

また、今回ビックマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッドを
試乗して良いと思ったのは、凹凸感を感じないフラットな乗り心地。

新型アコードハイブリッド画像0048

今回は綺麗に舗装されたアスファルト道路を運転する事が多かったのですが
路面の凹凸間やザラザラ感を感じることなく路面を舐めるようにスムーズに
進んでいく感じが、とても快適でした。

また、新型アコードハイブリッド(Accord HV)には遮音機能付きのガラスも
装備されており、この静寂性と乗り心地の良さはまさにプレミアムセダンと
言った感じの乗り心地になっていて、大満足でした。

線路を横断する時は、若干の突き上げ感が・・・

綺麗に舗装されたアスファルト道路では路面の凹凸感じるシーンはほとんど
無かったのですが、踏切を渡る時は若干上下に弾む感じや突き上げを感じます。

ただ、この突き上げ感も比較的マイルドな感じ。

今回ビッグマイナーチェンジ後の新型アコードハイブリッド(Accord HV)の
前輪に装備されているショックアブソーバー(ダンパー)は比較的シンプルな
ストラット方式を採用。そして、後輪はストラット方式よりも機能が優れている
ダブルウィッシュボーン方式のダンパーを採用しています。

この前輪と後輪のショックアブソーバーの組み合わせは、
マイナーチェンジ前と全く同じ。

また、このEXグレードは下位モデルのELグレードよりも1インチ大きい
18インチのタイヤを装備。

新型アコードハイブリッド画像0013

ストラット方式のダンパーと18インチタイヤを組み合わせている
フロントシートでは、踏み切りを横断する時はもっと”ガツッ!”と言った
感じの尖がった突き上げ感を感じるのかなと思っていました。

ただ、実際に路面の凹凸が激しい踏切や線路を横断してみても、
予想以上に突き上げ感の角が取れたマイルドな乗り心地。

また、線路を渡っている最中は多少の上下の揺れも感じたのですが、
衝撃をタイヤとダンパーがしっかりと吸収していることもあり、
上下の揺れの収束も早め。

新型アコードハイブリッド画像0313

踏み切りを渡り終わた後、再度アクセルを踏み込む頃には揺れも完全に収まり
何事も無かった事のようにスムーズに加速していく感じは好印象でした。

また、踏み切りなど凹凸のある路面を運転した時もダンパーが衝撃をしっかりと吸収し、
突き上げ感が小さくフラットな乗り心地になっているのも大満足でした。

ただ、個人的には新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の前輪にも
ダブルウィッシュボーン方式のアブゾーバーを装着してもらいたかったですが…。
そうすればもっと乗り心地は良くなったかも!?と、試乗をしながら思っちゃいました。

ちなみにダブルウィッシュボーン方式を採用している後輪付近の
乗り心地も全く問題なく、快適だったようですよ。

新型アコードHVの乗り心地の良さを支えているのはタイヤ!?

また、今回新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)を試乗してみて
改めて良いと思ったのは、EXグレードに標準装備されているタイヤ。

なんとマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッド(Accord HV)の
EXグレードに標準装備されているタイヤは、ブリジストンのレグノ(REGNO)。

新型アコードハイブリッド画像0541

個人的にレグノが大好きと言うのもあるのですが、今回新発売された
この新型モデルにこのタイヤを装備したのは、大正解!

今回ビックマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッドの
EXグレードの変更点の一つが、タイヤサイズが1インチ大きくなり
18インチになった事ですよね。

そのためこのEXグレードを試乗する前は、マイナーチェンジ前の
モデルよりも乗り心地が硬くなっているのかも!?
と、思っていました。

しかし、実際にこのクルマを試乗してみると、先ほども申した通り
予想以上にしなやかで優雅な乗り心地。

新型アコードハイブリッド画像0037

足回りはしっかりとしているので多少引き締まった印象はありますが、
街中を運転している限りではコツコツといった感じの不快な突き上げ感を
感じるシーンは、ほとんどありませんでした。

私はマイナーチェンジモデル前のモデルを運転したことがないのですが、
ディーラーさんの話によると、先代モデルよりも乗り心地は良くなったとの事。

また、先代モデルのオーナーさんがこの新型アコードハイブリッド(Accord HV)を
先日試乗したようですが、乗り心地の良さに驚いたようです。

この新型アコードハイブリッド(Accord HV)のしなやかな乗り心地は、
ダンパーや足回りのセッティングも影響していると思いますが、
ブリジストンのレグノも大きく影響をしているのかなと思いました。

個人的には新型アコードハイブリッド(Accord HV)に乗り心地や静寂性が
良いことで評判のブリジストンのレグノが標準装備されているのは、
このクルマの魅力・メリットの一つだと思いました。

新型アコードハイブリッドの乗り心地の欠点は?

このように基本的には大満足だった新型アコードハイブリッド(Accord HV)の
乗り心地ですが、試乗していて唯一気になった事が・・・。

それはスポーティーさ。

もし今回ビックマイナーチェンジをして新発売されたこのクルマを
スポーツハイブリッドとして考えると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

先ほども申し上げたとおりアクセルを踏み込めばスポーティーな
キビキビとした走りを楽しむ事もある程度は可能です。ただ、
新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)には、マニュアルモードや

パドルシフトはありません。

新型アコードハイブリッド画像0401

このクルマの競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのWRX S4に
剛性感やスポーティーさでは遠く及ばないような感じがしました。

私はこのようなしなやかな乗り心地は好きなので大満足でしたが、
お客さんによってはこのクルマの乗り心地や走破性に満足できない人も
いるのかなと思いました。

新型アコードハイブリッド画像0057

今回ビッグマイナーチェンジをした新型アコードハイブリッドは、
このようにしなやかでエレガントな乗り心地になっていました。

少しホンダのクルマっぽくないなと言った印象を持ちましたが、
乗り心地自体はとても良かったです。

また、静寂性と乗り心地に優れたタイヤ”ブリヂストンのレグノ”が
標準装備されているのも好印象でした。

ディーラーさんからビックマイナーチェンジをした
新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)は売れ行きが好調と
言っていましたが、それも納得のデキだと思いました。

アコードハイブリッドの中古車を見る


スポンサーリンク

コメント

  1. yo より:

    WRX S4とは全然ジャンルが違う車だと思いますが・・・・・・

    • Car-Concierge より:

      yoさん
      お世話になります。
      コメントありがとうございます。

      >WRX S4とは全然ジャンルが違う車だと思いますが・・・・・・
      スポーツセダンの代表車として、名前を挙げさせて頂きました。

  2. 田中 秀樹 より:

    どうして日本のメーカーは安易に外国人をCMに使うのか?
    製薬会社を筆頭に不可解なことが多い
    ホンダも日本人の車づくりをしているのなら日本人を使ったコマーシャルにするべき
    ホンダの車つくりはとても気に入っているのに残念

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です